smile.美容健康お得情報でみんな笑顔に♪

楽しい事大好き♡美容、健康、ユーチューバーの事とか!

日焼けのメリット、デメリット

どうも!ピノ吉です!


これから活動的になる夏がやって来ますね(^ ^)
夏は好きなのですが太陽の光に弱く、調子に乗って草むしりや散歩などをすると、すぐ体調を崩してしまいます(>_<)
でも、外は好きなので家に引きこもる訳にはいきません!

でも、日焼けが気になりますよね!
焼きたくない人もいれば、焼きたい人もいます。
日焼けは悪いイメージだと思いますが、本当にそうなのでしょうか?
紫外線はうつ病を防いでくれたりするんですよ(^ ^)



日焼けのメリット

ストレスの改善
紫外線を浴びることで、気分を安定させるセロトニンが生成されます。
このセロトニンとは、うつ病の人が不足しがちとされる神経伝達物質のひとつです。
セロトニンは感情に関する情報を管理し、整える働きをしてくれるので、うつ病の治療や予防やストレス解消に効果的と言われています。


体内時計の調整
紫外線を浴びることで、交感神経が刺激され、脳が覚醒します。
脳内でセロトニンが自律神経に働きかけ、夜更かしや時差ボケなどでズレてしまった体内時計を正してくれます。
特に朝日を浴びることが大事だと言われています。


免疫機能の強化
紫外線を浴びることで、ビタミンDが生成されます。このビタミンDによって免疫細胞を皮膚に引き付け、皮膚のダメージを回復させ、病原体をブロックする機能を高めます。
つまり、紫外線を全く浴びないと免疫力が低下してしまうのです。


日焼けのデメリット

シミやそばかすの増加
紫外線が肌に当たると、皮下でメラニンが生成されて紫外線を吸収します。
この時、紫外線を吸収したメラニンが多くなると、黒く見えてしまうことがあります。
これが、シミやそばかすの正体なのです。


肌トラブルの増加
代表的な肌トラブル(光老化)は、乾燥肌です。
日焼けをした後は、肌の温度が高くなっていて、水分が蒸発しやすい環境になっています。
水分が失われた肌は、紫外線への抵抗力も低下していて、更なる肌トラブルを引き起こします。


眼病リスクの増加
紫外線は、眼病である白内障を引き起こすリスクを高めます。
目には本来、紫外線を防ぐ機能が備わっていますが、当然限界もあります。
特に夏は紫外線の量が多く、目にかなりの負担が掛かってしまいます。



このように、日焼けには良いところもあれば悪いところもあります。
ただし、体に良い効果があるからと言っても長時間直射日光に当たるのは控えた方がいいです。
当たり前かもしれませんが、日射病になってしまう恐れがありますので(^^;;

何事もほどほどが一番です。



焼きたくない人の為に、飲む日焼け止め!!


身体の内側からキレイを目指す まっしろ美白習慣

まっしろ美白習慣(飲むだけ日焼け止め)
定期的に1日2粒飲むのと、出掛ける30分前に飲むのがオススメです(^ ^)
主成分

サプリは飲むだけなので、楽です(^ ^)
日焼けを気にする方は是非ご利用下さい♪



スキンケアについて書いた記事です♪
良かったらこちらもご覧下さい(^ ^)
pinokichi3.hatenablog.com





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村